制服観察Clip・木更津 1997

[大きな画像を見る]
 木更津市は、都心から直線距離で約40kmに位置する、千葉県中央部の地方都市だ。40kmといえば、東京都ではちょうど八王子市に、埼玉県では川越市に相当する距離。しかし、東京と木更津のあいだには東京湾が横たわっているために、実際の距離感は、かなり違う。東京駅から八王子駅や川越駅には、どちらも電車で約1時間で着くが、東京−木更津間は、特急を使わなければ1時間40分以上もかかってしまう。そのうえ周囲には、大きな街がまったくない。
 こういう立地条件のためだろう。まるで大平洋の孤島が独自の生態系を有するように、木更津という街は、女子高制服のデザインや着こなしにおいて独自の文化を持っている。「木更津セーラー」ともいうべき、個性的なセーラー服。首都圏でルーズソックスが全盛だった3年前にも、なぜかこの街でルーズはまったく流行っていなかったのである。