何年か前に公開された映画『TANK GIRL』の主人公レベッカ。コミック版のファンには映画は不評だったと聞いたけど、私は好きです。マルコム・マクダウェルもいい味出してたし。女性が主人公のSF映画では、『バーバレラ』の次ぐらいに気に入ってます。

ある雑誌に連載していた『美女で野獣』という映画レビューより。テキストを読みたい方はこちらをクリックしてください。 
 

 

 

 

 

 

 

  

 

 西暦2033年、地球は巨大な彗星が衝突し、ほぼ滅亡状態。地上にはもう11年も雨が降らず、乏しい水と電力は、「水・電力公社」という独裁組織によって管理されている。
 こんな世界に現れたのが、映画史上最もPOPで乱暴で大酒呑みな「美女で野獣」系ヒロイン、レベッカ。別名『タンクガール』だ。
「美女で野獣」作品チャートの中では、『バーバレラ』と共にPOP系に分類されているこの映画だが、これは作品としてPOPであるという意味で、主人公のキャラクターでいえば、両者はまったく対照的な位置づけになっている。
 バーバレラは、その美貌によって、いろんな男たちから助けられ、支えられながら世界を渡り歩く。ようするに「美女であることで社会から無償で受けられる恩恵」を、最大の武器とするキャラクターだ。対するレベッカ=タンクガールは、同じように美女であるにもかかわらず、彼女は男からの恩恵を、まったく当てにしていないのが特徴だ。


 映画の冒頭に登場する彼女の恋人は、現れたと思ったとたん、水・電力公社の部隊に襲撃されて死んでしまう。これ以降レベッカの味方は、メカマニアの少女ジェットであり、人とカンガルーのDNAを合成して作られたRIPPERSというミュータントたちであり、そして彼女たちの改造によって生まれ変わった、キュートなタンクとジェット機だ。
 これに対して、映画の中で「男」は、ほとんどが敵として描かれている。強大な権力を握り、美女をまわりにはべらせてほくそえむ独裁者(『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェル!エキセントリックな敵役を、相変わらず楽しそうにやってます)。この男と、かれが率いる軍隊に、彼女たちは協力して戦いを挑む。しかしこれは、単純に男VS 女の戦いではない。
 マルコム演じるステレオタイプな独裁者像は、ある意味で昔ながらの男らしいキャラクターだ。対するタンクガール側のキャラクターはどうか。とにかく乱暴な態度と言葉遣いの女のコたち、突然変異のカンガルー人間、そして機械。
つまりタンクガールたちは「男でも女でもない者」として、「男らしさ女らしさ」という観念に、戦いを挑んでいるとも言えるわけだ。


 D・ハラウェイが80年代中期に唱えたサイボーグ・フェミニズム論によれば、真のフェミニズムとは、従来の性差を超えたサイバネティックな存在を目指すことであり、また女性こそそれが可能であるという。
 笑うときに口を手で隠すような内気な少女ジェットも、タンクガールと出会い、ミュータントや機械たちと交わることで変わっていき、最後は強烈な言葉と共に銃をぶっ放す、立派な「美女で野獣」に変身する。ある意味ではタンクガールこそ、サイボーグ・フェミニズム論を行動で示す、第一級のエバンジェリストなのかもしれない。


 そういえば、この映画は公開以来、女のコの熱狂的なファンが多数ついているらしい。ビデオになった『タンクガール』は、さしずめ「伝道の書」といったところだろうか。